南足柄七福寺 長福寺 臨済宗円覚寺派 (毘沙門天)

関雲山長福寺は鎌倉円覚寺を本山とする禅寺で、創立は応永三十三年(1426年)です。本尊は十一面観世音菩薩、脇侍に毘沙門天と不動明王を据えています。開山は子文法林和尚で、『安産、長生きの観音さん』として地域の信仰を集めています。また、1400~1500年ほど前の塚田古墳群から出土の金銅製単鳳頭柄頭、鉄製の刀や鎧などを展示保管しています。円覚寺百観音霊場第20番札所。本尊は十一面観世音菩薩。お参りすることで安産、長生きの御利益があると言われています。

※『南足柄七福寺めぐり スタンプ帳リーフレット』より
※スタンプ帳は南足柄七福寺各寺院(廃寺善福寺は弘済寺)にてお配りしています。

境内写真

左側が本堂の写真、右側が山門の様子となります。