終活とは

終活という言葉がさまざまなメディアを通して聞かれることも増えてきていますが、元々は自分の人生の終焉に向けて、あらかじめ自身の葬儀やお墓の手配などを済ませておいて、安心して人生の最期を迎えられるようにするための活動のことでした。平均寿命が伸びる一方で、核家族が家族形態の中心を占める状況が続く中、ますます進行する少子高齢化の波は改めて人生の終末期をどのように生き、そしてどのように最後を迎えるかという問いを人々に投げかけています。後継者がおらずお墓のことや自分の葬儀が心配、または子供など家族にできるだけ迷惑をかけずに、自分の葬儀手配は生前に自分で済ませておきたい、そういった不安や思いをいだく人が増える中、週刊誌『週間朝日』から生まれた終活という言葉が急速に世の中に広まっていき、2010年には新語・流行語大賞にノミネート、2012年には同トップテンに選出されるなど、シニア世代、シルバー世代を中心に、人生の終盤の部分をどのように締め括るかの準備活動として終活は定着してきています。

そして、終活は単なる事前準備から、人生のエンディングを改めて見つめ直し、より自分らしい最期に向けて、自分らしさについて今一度考え、本当に自分らしいエンディングに向けて残りの人生をより自分らしく生き、自分の最期を自分で決めるための活動へとなってきています。

エンディングノートなどを使って、人生を振り返りながら万一の時には連絡をしてほしい人のリストを作ったり、こんなお葬式にしてほしい、お墓はこんなところが希望、といった様な葬儀関連の希望をまとめたり、また財産をどうしてほしいかといったことの考えをまとめることも終活における大切なことがらのひとつです。

人生の総棚卸しとも言える終活、エンディングノートの項目にそって書きだしてみることから始めると、それまで気になっていたことがいろいろと整理できてくるかもしれません。